CRAS のライフプラン

CRASはこれからお家づくりを始められる方々に「人生で一番大きい買い物といわれる”お家の購入”で後悔してほしくない」「お家の購入後に万が一のことがあっても安心して住み続けることができるようにしたい」という想いからスタートしました。その想いを実現するためには、お家購入後の”人生の設計図”(ライフプラン)を描くこと、お家の購入後に”万が一のことがあったケースを想定”(リスクプラン)も考慮することが不可欠です。
 また、決して忘れてはならないことは”お家を購入する”ということがゴールではないことです。私たちはライフプランの結果によっては、お家の購入はお勧めしません。お家の購入は、人生で幸せになるための”目的”ではなく”手段”の一つだと考えます。

「ライフプランを通じてお客様の待ち遠しい未来を創造します」

CRASのライフプランの
3つのポイント

  1. POINT 1人生の三大資金(住宅・教育・老後)に備える貯蓄方法のご提案
  2. POINT 2住宅購入の適正なご予算を分析
  3. POINT 3家計の分析・改善案をご提案

CRASのライフプランでは、下記の手順でご提案いたします!

ファイナンシャルプランナー 高見 孝博

ある4人家族(お子様2人)の場合

家族構成

  • ・ご主人(30歳) ・奥さま(27歳) ・第一子(3歳) ・第二子(1歳)

収入の状況

  • ・ご主人の現在の年収(総額)370万円
  • ・将来の退職金予定額800万円(定年60歳、65歳まで契約社員として継続雇用あり) 
  • ・ご主人の退職後の年収予定(総額)180万円
  • ・奥さまの現在の年収(総額)100万円(現在時短勤務、末子が小学校進学のタイミングでフル勤務へ)

生活費

  • ・食費4万円/月
  • ・水道0.5万円/月
  • ・電気1万円/月
  • ・ガス0.8万円/月
  • ・通信費2.4万円/月
  • ・日用雑貨費0.5万円/月
  • ・趣味娯楽費2万円/月
  • ・被服費0.5万円/月
  • ・交際費1万円/月
  • ・小遣い2万円/月
  • ・生命保険3.4万円/月
  • ・損害保険1.1万円/月
  • ・その他1万円/月
  • 20.2万円/月

お客様からのご相談内容

第一子が小学校に上がる前にマイホームを購入したいが、二人の子どもたちの教育資金もしっかり貯蓄したいので、
購入すべきか迷っている。もし購入した場合、今の生活で住宅ローンを支払っていけるかが不安。
3000万円の住宅ローンを組んだ場合、将来の収支がどうなっていくのか見通したい。

CRASではこちらのツールを使用し、ご相談をいただいた後、すぐにお客様にご提案ができる環境を整えております。

みらい予報’sⅡ

STEP 1

現状の収入・支出でシミュレーションします。

現在の収支で3000万円の住宅ローン借入を行うと
ご主人年齢で46歳から貯蓄を大きく取り崩していき、
49歳時には貯蓄残高はマイナスとなってしまいます。
支出増の原因はお子さまの教育資金であることが分かります。

STEP 2

問題点を分析し課題を見つけます。

教育資金がかかる時期までに十分な貯蓄が出来ていないため、
生活費の内容を見直し貯蓄ができる環境を作る必要があります。

STEP 3

家計を分析し課題を見つけます。

ここでは、通信費(ご夫婦の携帯代)と生命保険の見直しを行います。

STEP 4

家計の改善を行います。

ご夫婦の携帯をMVNO(格安SIM携帯)へ切り換え、
生命保険は団体信用生命保険も加味し見直しを行いました。

STEP 5

貯蓄の目標金額や方法・手段をご提案し
実行のサポートをします。

月々の生活費を1.9万円削減したことで
十分な貯蓄ができるようになりました。
あとは毎年の目標貯蓄額をきちんと貯蓄していくことで、
将来を見通すことができました。

しかしながら、このライフプランはご夫婦がそれぞれ定年までに見込まれる収入が前提でのプランです。
ご夫婦に万が一のことがあり、見込まれる収入が減少する、もしくは全く無くなってしまった場合 プランは簡単に崩れてしまいます。

万が一のことも想定し、リスクプランもしっかり考えておかなければ
完璧なライフプランとは言えないでしょう。

少しでも共感を頂いた方、興味を持っていただいた方がいらっしゃったら
是非CRAS熊本本店においでください。
心よりお待ちしております!

OPEN 10:00~18:00 CLOSE 水曜

tel. 096-284-5033
お手元のスマホ・PCでお家の内観が見られます VR展示場はこちら